▼今週の注目記事  社長のミカタ 1月号1面

〈保険証券が見つからない…〉
一括¥ニ会で一気に解決!

 家族の生命保険の加入状況をどれほど把握できているだろうか。家族全員の保険証券の保管場所をしっかり覚えているという人は少数だろう。仮に、1人暮らしの親が認知症になったり、急に亡くなったりすると、契約状況がわからないために保険金を受け取るのが遅くなってしまう。だが、2021年7月からはそんな心配も不要になった。新たな生命保険契約照会制度により、生命保険協会に必要書類を提出すると、協会に加盟する42社に保険契約が存在するかどうかを一括で照会してくれる。相続発生にあたっては、この制度を利用するのが得策と言っていいだろう。

認知症や行方不明にも対応

 横浜市に住むSさんが、父親が亡くなったときの苦労話を聞かせてくれた。

 「父からは生前、生命保険に加入しているという話を聞いていたのですが、自宅を探してもなかなか書類が見つかりませんでした。また入院保険にも加入していたようですが、その書類も探し出すのに苦労しました」と話す。

 Sさんの父親のように、契約者が保険関係の書類を人目につかない場所に保管したまま死亡してしまったり、認知症になってしまったりすると、家族は必要な書類を発見するのが非常に難しい。

 東京・世田谷区の税理士は「保険契約のなかでも死亡保険は契約してから長期にわたって支払い続けているので、契約書をどこに置いているか、家族が知らないというケースは珍しくありません。急に父親が亡くなって苦労して探し出すということがよくあります。預金通帳で保険の有無を推測することもできますが、支払期間が終わっていたり、保険を解約せずに払い済み保険に変更したりしていると、過去の通帳が残っていないことなどもあって見落としてしまいます。大手数社に問い合わせてあきらめてしまう相続人も少なからずいました」と指摘する。

 これまでは保険契約ごとに、保険証券や保険会社からの通知を探し、通帳や確定申告書もチェックしたうえで契約者との続柄を証明する書類を揃えて、保険会社1社ごとに契約の存在の有無を確認しなくてはならなかった。

 だが21年7月から始まった生命保険契約照会制度では、生命保険協会に必要書類を提出すると、協会に加盟する42社に保険契約が存在するかどうかを一括で照会してくれるようになった。家族がどの保険会社と契約していたのかが分からなくても、生命保険協会経由で“一括”照会し、約2週間で契約状況を把握できるようになった。費用は1人につき3千円。旧姓を含む複数の契約があったとしても、この費用は変わらない。

 ただ、この制度は誰でも利用できるわけではない。一括照会ができるのは、@家族が死亡した、A家族に認知判断能力の低下があったことが認められる、B家族が災害によって死亡もしくは行方不明となった――のいずれかのケースに限られる。

 生命保険を照会する目的が「家族の死亡」である場合、この制度の手続きを行える人は、●照会対象者(被相続人)の法定相続人 ●法定代理人 ●任意代理人 ●被相続人の遺言執行人に限られる。また、「認知判断能力が低下している場合」では、●照会対象者の法定代理人 ●任意後見制度に基づく任意代理人などとなっている・・・

(この先は紙面で…) 購読のお申込みはこちらから>>

 

巻頭コーナー
   ● 賢者の言魂
   ● コラム二升五合

ニュースダイジェスト
税務・税制特集
歴史建築散歩道
社長の豆知識
   ● TAX・経営プチ解説

不動産・資産・相続
経営改善・事業資金
セミナールーム
保険・年金・マネー
社長の書斎
   ● ビジネス書ブックレビュー
   ● クロスワード・ナンプレ
   ● 社長のミニ雑学「社名の由来」 等


▲ページTOPへ