―――第105回投票のクエスチョン!―――

マイナンバーカードは保有を義務化すべきだ

締め切り:1月24日

 マイナンバー制度発足から5年が経ちますが、マイナンバーカードの交付枚数は2019年11月現在で1823万枚、交付率は全人口の14.3%にすぎません。

 マイナンバーの目的には「行政の効率化」という部分が大きく、いずれは脱税対策にも効果を発揮するとしています。すでに金融機関には預金口座と個人番号を紐づけて管理することが義務付けられていますが、政府は今後マイナンバーカードの取得・保有も義務化していく方針のようです。

 そこで税のプロである皆さんに伺います。マイナンバーに関してはプライバシーの問題や情報漏えいなど、様々な課題が指摘されていますが、税務行政の効率化や徴税の公正性という観点から見たとき、将来的にマイナンバーカードは保有を義務化すべきなのでしょうか。ご意見もあわせてお聞かせください。

Yes    No


是非ご意見もお聞かせください
氏名、都道府県、年齢など、掲載に当たり差しつかえない方はご記載ください。